金型技術
トップ金型技術 > 冷鍛順送プレス加工による工法転換

冷鍛順送プレス加工による工法転換

KIYA工法で大幅なコスト削減を実現

KIYA工法とは、冷鍛順送プレス加工を用いて独自に開発した加工技術です。


コイル材から冷間鍛造を行い、三次元形状の製品を高精度・高剛性に作りあげる冷間鍛造加工。冷間鍛造加工による板厚増減加工と、精密せん断・絞り・曲げなどの加工を組み合わせることにより、従来のプレス加工では不可能とされていた三次元形状の製品を製造することが可能になりました。


KIYAは、切削や焼結など他の様々な加工方法からの工法転換で、大幅なコスト削減を達成しています。
冷鍛順送プレス加工技術の特色

・大幅コストダウンを実現
・製品トルク強度の強化、耐摩耗性(硬度)の
 アップを実現
・テーパー形状精度の向上とテーパー形状の成形が可能
・平面度・底板厚・外内径同軸度などの精度向上
・品質の安定化により、組み立て工程での不良が激減

冷鍛順送プレス加工技術の特色
金型技術
技術開発への取り組み

株式会社木屋製作所

【東京本社】
〒179-0081
東京都練馬区北町1丁目18番6号
TEL 03-3932-3191
FAX 03-3931-2741

【埼玉工場】
〒355-0005
埼玉県東松山市松山1703番地
TEL 0493-23-0290
FAX 0493-24-1977
お問い合わせフォーム